社会・政治

子宮系スピリチュアルとは?パワーストーン効果や教義内容まとめ

子宮パワーストーン

 

小林麻耶さんが信仰しているということで話題の「子宮系スピリチュアル」。

なにやらあやしげですが、実際どのような信仰なのでしょうか?

具体的な信仰内容やグッズ、信仰している有名人もまとめてみました。

プレアディス星団
宇宙ヨガ整体師とは?あきら。のスピリチュアル施術の内容と評判まとめ 小林麻耶さんの夫・あきら。さんは「宇宙ヨガ整体師」を名乗っています。 この宇宙ヨガ整体師として仕事している際に小林麻耶さん...

子宮系スピリチュアルとは?

子宮の未知なるパワーを信じる信仰

子宮系スピリチュアルとは、子宮が未知なるパワーを持っていて、子宮のケアなどを通じて健康や子宝、ひいては人生そのものを改善しようとする信仰です。

子宮系信仰」と一口で言っても、そのレベルは様々。

生理痛の改善のために下腹部を温めようといった科学的なものから、パワーストーンを子宮に入れると人間関係が良くなるといった非科学的なものまでいろいろあります。

こういった、科学的なものと非科学的なものが混ざり混沌とした教義が子宮系スピリチュアルです。

熱心な信者は「子宮系女子」と呼ばれる

黒猫

子宮系スピリチュアルは2000年過ぎ頃から成人女性を中心に信者が増え、そういった子宮系信仰を熱心に信じる女性たちのことを「子宮系女子」と言います。

子宮系女子は、自分の子宮の声を聞くことで、人間関係や健康が良好となり、人生が好転してお金やキャリアなど欲しいものが手に入るという思想を持っています。

子宮系信仰は「身体を温めれば生理痛が良くなる」といった理にかなっていそうな信仰もありますが、こういった「子宮のおかげで人生が良くなる」といった過激な思想がクローズアップされて、オカルト宗教のような扱いになるときもあります。

子宮パワーストーンの効果は?

子宮パワーストーンとは

子宮パワーストーン

子宮パワーストーンとは、複数個のパワーストーンをつなげたヒーリングジュエリーです。

色々な色があり、色やメーカーによってその効果も様々。

1個3500円などでネットで売られています。

子宮パワーストーンの効果

なんともあやしい子宮パワーストーンですが、信者たちの間では、子宮パワーストーンを膣内に入れることで以下のような効果が期待できると言われています。

子宮パワーストーンの効果
  • 熱く潤う腟になる
  • 子宮の冷えが改善される
  • 人間関係がよくなる

子宮系スピリチュアルを信じている芸能人

小林麻耶

子宮系女子の小林麻耶

小林麻耶さんは以前から子宮系スピリチュアルを信じ、そのイベントで現夫のあきら。さんと知り合ったという噂もあります。

そして、その子宮パワーストーンをテレビ局内のスタッフに勧める活動もされていたと2020年11月13日にサンスポから配信がありました。

麻耶は、局内のスタッフや後輩アナウンサーらに膣内に入れるとパワーがみなぎるというスピリチュアルなグッズを勧めていたとの情報がある。局内では、このグッズをめぐる麻耶の言動や行動が問題視されていたという。

出典:サンスポ

もともと小林麻耶さんの元所属事務所・生島企画室では、小林麻耶さんの夫であるあきら。さんがスピリチュアルや霊能力といったことを公言するのを止めてきました。

世間から怪しい目で見られ、テレビでも扱いにくくなると思った事務所側の配慮でした。

しかし小林麻耶夫婦はスピリチュアルな発信を止めるどころか、あきら。さんが主催する子宮系イベントの仕事に小林麻耶さんの名前が使われ、広告塔のような存在になっていたことも事務所としては頭の痛い問題だったとのこと。

そのため、小林麻耶さんが『グッとラック!』のロケに行かなかった問題から発展して、突然の番組降板&事務所退所劇の原因になったと言われています。

横澤夏子

子宮系女子の横澤夏子

横澤夏子さんも以前テレビ番組で「子宮を温めている」と発言し、周囲の出演者を驚かせたことがありました。

確かにお腹を温めるのは東洋医学的にも勧められる健康維持方法です。

そのため、横澤夏子さんが子宮パワーストーンを使うほど信仰熱心なのかはわかりませんが、子宮の温活はされているのだと思います。

プレアディス星団
宇宙ヨガ整体師とは?あきら。のスピリチュアル施術の内容と評判まとめ 小林麻耶さんの夫・あきら。さんは「宇宙ヨガ整体師」を名乗っています。 この宇宙ヨガ整体師として仕事している際に小林麻耶さん...
小林麻耶夫のあきら。
【過去画像】あきら。(國光吟)は何者?時系列の仕事歴やプロフィール 小林麻耶さんの夫として知られている、國光吟(くにみつあきら)さん。 2019年からは「あきら。」として芸能事務所生島企画室...