【過去画像】Uruの年齢・経歴まとめ!歌手になったきっかけも

 

シンガーソングライターのUruさん

『半妖の夜叉姫』のエンディングテーマを歌うことでも話題になりました。

実はUruさん、「謎だらけのシンガー」の異名も持つシンガー。

しかし、年齢など少しずつ情報が明るみになり、歌手になるまでにとても苦労されたことなども明らかになってきました。

そんなUruさんのプロフィールや年齢、歌手になったきっかけなどをまとめていきます。

milet(ミレイ)の年齢は?大学や出身地などのプロフィール紹介

Uruのプロフィールは?年齢はいくつ?

Uruの公表されている経歴・プロフィール

Uruさんが所属するイドエンターテイメントや公式ホームページでは、Uruさんのプロフィールの詳細はほとんど記載されていません。

あるのは、リリースした楽曲などの情報のみ。

そのため、「謎だらけのシンガー」と言われるのですね!

ただ大手マスコミなどが発表しているニュースをまとめると、以下のようになります。

[box01 title=”Uruのプロフィールまとめ”]

名前:Uru(うる)
生年月日:1984年~1985年頃
出身地:新潟県三条市
所属事務所:株式会社イドエンターテイメント
レコード会社:ソニー・ミュージックエンタテインメント

[/box01]

Uruの年齢

Uruのインスタ画像

出典:Uru公式インスタグラム

2019年10月22日号の週刊女性の記事に、Uruさんを良く知る人物の証言として「今年35歳になる女性」という表記がありました。

写真で見ると20代と言われても信じてしまうほど肌もキレイですが、30代だったのですね!

そのため、2020年はUruさんにとって36歳になる年だと思われます。

Uruの性格

Uru

出典:https://www.oricon.co.jp/confidence/special/50042/

Uruさんは、とてもシャイな性格だそう。

「隅っこが落ち着く」というのもかわいらしいですね。

また、「謎だらけのシンガー」というのはあまりでしゃばりたくないUruさんの性格と、「音楽で想像してほしい」というイメージでいたところ、結果的にあまり素性を明かさないという方向になっていったようです。

(素顔を明かさなかったのは)特に理由はないんですけど──、曲を聴いてくださった方が、歌や歌詞や私から生まれた音楽全体で“自由に私を想像して欲しい”というイメージです

出典:2017年6月7日のORICON MUSIC

Uruの今までの歌手活動・経歴は?

高校卒業後にバンド活動

Uruさんは、高校卒業後に働きながらいくつかのアマチュアバンドのボーカルを担当

新潟県三条市の地元のバンドコンテストに出演したり、人通りの少ない地下道でPVを撮影したりするなど、地道な活動を続けていたそうです。

しかし、2011年頃から活動していたJuno Cloverという3人組バンドを抜け、ソロとしてデビューしようと決意されたそうです。

その当時の画像がこちら。

Uruが所属していたころのJuno Clover

しかし、ソロとして本格的にシンガーを目指してもなかなかうまく行かなかったそう。

そこで、自分でYouTubeチャンネルを開設して、シンガーになるきっかけをつかもうとしたのですね。

2017年6月7日のORICON系ニュースサイトのORICON MUSICでは、シンガーになるべく奮闘していたころのUruさんの気持ちがインタビューで語られていました。

本格的に音楽の道を目指そうと、デモテープを送ったこともありました。でも、なかなかうまく行かなくて──。もっと歌や曲作りを勉強しなければと、いろんな名曲のカバーをするようになったんです。それとYouTubeは本当にたくさんの方が利用しているので、その中に音楽業界の方もいるかもしれないという思いもありました

出典:2017年6月7日のORICON MUSIC

高校卒業からYouTubeデビューするまでにも、色々なチャレンジや葛藤があったのでしょうね。

Uruさんの「シンガーになりたい!」という熱意や行動力は、本当にすごいですね。

2013年にYouTubeデビュー

風呂場で歌うUru

出典:Uru公式YouTubeチャンネル

シンガーを目指すUruさんは2013年に自身のYouTubeチャンネルを立ち上げました

このYouTubeチャンネルを立ち上げた当時の年齢は計算すると29歳頃と思われますが、夢に向かってひたむきに行動するところが素晴らしいです!

スタジオを借りるお金がなかったのか、家の中でかろうじて音響のよいお風呂場を閉め切ってYouTube用のレコーディングをされていたそう。

上の画像はYouTubeデビューした1本目の動画である、荒井由実さん『ひこうき雲』のカバー動画なのですが、よく見るとお風呂場なのがわかりますね!

夢に向かって、今の自分にできることを着々と積み上げられている様子がわかります。

UruさんがYouTubeチャンネルにアップしていたのは、当時流行っていた椎名林檎さんなどのJ-POPの人気曲のカバーがメイン。

YouTubeや個人名義のSNSにせっせとアップし続けました。

[box01 title=”UruのYouTubeで披露したカバー曲例”]
  • ひこうき雲 荒井由実
  • さくら 森山直太朗
  • ロビンソン スピッツ
  • 真夏の果実 サザンオールスターズ
  • 糸 中島みゆき
  • 守ってあげたい JUJU
  • 螺旋 スキマスイッチ など
[/box01]

Uruさんは、これらの楽曲の歌唱から演奏、アレンジ、プログラミング、動画の撮影、編集など、すべてを1人でされていたというから驚きです!

2016年にメジャーデビューを果たすまで、Uruさんは100本に及ぶ動画をYouTubeチャンネルで公開。

Uruさんは約3年もの間着々と動画を撮り続け、2018年11月時点でYouTubeチャンネルの総再生回数は1億回を突破し、2020年11月には2.6億回の総再生回数でチャンネル登録者数は58.7万人に。

しっかりとした実力とファンがいるシンガーとして、デビューを迎えました。

2016年にメジャーデビュー

Uru

出典:https://www.oricon.co.jp/confidence/special/50042/

2016年6月に『星の中の君』でメジャーデビューしたUruさん。

『星の中の君』は有村架純さん主演映画『夏美のホタル』の主題歌にも抜擢されました。

デビューしたての歌手がいきなり映画主題歌に抜擢されるのは、異例のことだと思います。

YouTubeで残してきた実績の賜物ですね!

受賞歴

Uruのインスタ画像

出典:Uru公式インスタグラム

それまでも数々の話題ドラマなどに楽曲提供されてきたUruさんですが、2020年の日本レコード大賞では特別賞を受賞

それまでも多くのファンがいたものの、レコ大受賞をきっかけに一層認知も広まり、その透き通るような歌声にファンが増えるでしょう。

Uruが歌手になったきっかけ・理由は?

人生で初めて行ったライブがSMAP

SMAP

出典:文春オンライン

Uruさんが人生で初めて行ったライブはSMAP

友人4人と夏の野外ライブに行ったそうです。

Uruさんはデビューライブでも『夜空ノムコウ』を歌っていますし、ファーストアルバムの中には『夜空ノムコウ』の作曲者が作った曲。

ステージで歌うSMAPを見て、歌手になりたいと思ったのかもしれませんね。

milet(ミレイ)の年齢は?大学や出身地などのプロフィール紹介