タレント

脱走ニシキヘビ捕獲の白輪剛史園長は何者?過去には逮捕歴も

2021年5月6日に神奈川県横浜市で脱走したアミメニシキヘビが、脱走から17日目にしてようやく捕獲されました。

横浜市戸塚区名瀬町のアパートから姿を消していたアミメニシキヘビが22日午後4時47分ごろ、見つかった。飼育されていた2階の部屋の屋根裏に潜んでいた。

出典:Yahoo!ニュース(2021年5月22日)

一時は警察と消防の捜索も打ち切られ、どうなるのかと思っていたヒヤヒヤしていた方も多いと思いますが、そこに颯爽と現れたのが白輪剛史さん

「まだアパートの建物の中にいる」と分析・予想し、その予想が的中してネット上では一気に英雄のように称賛されています。

上京を的確に分析し、アミメニシキヘビを捕獲に繋げた白輪剛史さんとは一体何者なのでしょうか。

白輪剛史さんのプロフィールなどを調査しました。

白輪剛史は何者?プロフィールは?

白輪剛史は爬虫類研究家

白輪剛史出典:https://yomeruba.com/review/reviewers/shirawa/

白輪剛史さんは独学で専門知識を学んだ爬虫類研究家です。

白輪剛史のプロフィール

名前:白輪 剛史(しらわ・つよし)
生年月日:1969年2月
出身:静岡県静岡市駿河区
出身高校:静岡県立静岡農業高等学校
職業:動物商、爬虫類研究家
役職:日本爬虫類両生類協会理事長

2007年には著書『動物の値段』も出版。

それまで動物売買の金額を公にするのはタブー視されるなか、哺乳類の80%は輸入禁止で価格が知られても構わないことなどの理由から、輸入禁止の動物を中心に値段を明かしたことで話題になりました。

2014年7月10日は、世界で初めてミミナシオオトカゲの飼育下での産卵に成功

動物の飼育や繁殖は、相当な根気と知識が無ければ叶わないもの。

しかも世界で初めて成功させたということで、白輪剛史さんのトカゲへの並々ならぬ愛を感じますね。

爬虫類輸入卸商

白輪剛史さんは数カ国語を操る語学力を活かし、海外から新種・珍種の爬虫類や動物を輸入しています。

その際、意図的なのか知らずにか、密輸で3度逮捕されたことも。

白輪剛史の逮捕歴
  1. 1989年 シロテナガザルやベンガルヤマネコを密輸しようとしたとして関税法違反で逮捕
  2. 1991年 マツカサトカゲを密輸しようとしてオーストラリアで逮捕
  3. 2005年8月17日にマレーガビアルの不正登録により再び逮捕

しかし爬虫類についての知識は確かで、2012年9月にはフジテレビ『ウソでっしゃろ!?TV』に珍ペット評論家として出演するなど、テレビ番組に出演するだけでなく書籍の執筆や講演など活動の幅を広げています。

iZoo園長・KawaZoo館長

iZoo出典:http://izoo.co.jp/Institution/index.html

白輪剛史さんは、日本最大の爬虫類・両生類の動物園であるiZoo(イズ―)の園長です。

iZooは、爬虫類と触れ合うことをコンセプトに2021年に開園された施設。

その後、2018年8月にはカエルを集めた専門施設KawaZooを開園し館長に就任しています。

アミメニシキヘビが捕獲されるまでの白輪剛史の主張

アミメニシキヘビの潜む場所予想

白輪剛史出典:https://bamp.media/column/tanaka04.html

白輪剛史さんはアミメニシキヘビの捜索についてTwitterで連日投稿していますが、アミメニシキヘビの潜む場所についての予想が的確だとネット上で話題です。

屋外を延べ数百名で捜索して見つからないことを考えると、寒さを凌いでアパートの天井裏、外壁内部に潜んでいる可能性は十分にある。 特に飼い主の部屋付近、階段踊り場天井の天板が剥がれており、ヘビの重みで天板が外れた可能性がある。外よりもまずはアパートの構造内部を捜索するべき。

出典:白輪剛史Twitter(2021年5月16日)

 

アミメニシキヘビが長距離を移動したとはやはり考え難い。過去10日間の平均気温を数字で見ると低すぎる。 このような低温での飼育はあり得ないレベル。 従って、本件は人為的でなければ建屋内などごく限られた場所から移動していないと推測しています。

出典:白輪剛史Twitter(2021年5月17日)

 

私が建屋構造内の捜索にこだわる理由。 それは気温とアパート軒下のケイカル板が剥がれたこと。 これは7日には無かった現象で、12日には外れているのを確認しています。可能性としてヘビの重みが内部からかかり、外れたとも考えられます。

出典:白輪剛史Twitter(2021年5月18日)

白輪剛史さんの予想が的中し、2021年5月22日に無事にアミメニシキヘビは捕獲されました。

今後も爬虫類が脱走した際は、白輪剛史さんに捜索依頼が出されるかもしれませんね。