×
社会・政治

【夜遊び画像】選手村を観光目的で外出したのは誰?参加資格剥奪選手

2021年7月31日、東京オリンピック・パラリンピックの組織委員会は、観光目的で選手村から外出した五輪関係者の五輪参加・入場資格を剝奪したことを明らかにしました。

東京オリンピック(五輪)・パラリンピック組織委員会は31日、観光目的で選手村から外出したとして、大会関係者のアクレディテーション(参加資格証)を剥奪したと明らかにした。プレーブック違反があったとしており、開幕後では初めて。

出典:日刊スポーツ(2021年7月31日)

東京オリンピック・パラリンピック関係者が参加資格を剥奪されたのは、東京オリンピック・パラリンピック開幕後は初めてのことです。

この参加資格証を剥奪された人は誰なのでしょうか。

また、大会関係者なのか、選手なのかも気になり詳しく調査しました。

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の発表内容は?

人数や選手かどうかは発表しない

高谷正哲スポークスパーソン出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/3134b22bc28a3ec56028b7699419e4e9fe10e627

バブル方式で「安心安全な五輪」とアピールし続けてきた菅首相や組織委員会。

しかし、バブル方式の欠陥も次々と露わになる中で、選手村内での新型コロナ感染や選手を管理しきれないことに頭を抱えていました。

そこに突如、選手村から無断外出した選手の報道が出ることに。

高谷正哲スポークスパーソンは、選手村から無断外出した人数や、選手か関係者かなどの詳細は明示できないと報道機関に答えました。

高谷正哲スポークスパーソン(SP)が「人数、選手か関係者かどうか詳細は明示できない」とした上で「大会関係者で、選手村の中にいた方。剥奪された方は、もう東京2020関係の会場には立ち入ることができません」と“追放”したことを認めた。

出典:日刊スポーツ(2021年7月31日)

しかし、選手村を無断外出した選手について高谷スポークスマンは「個別の事例にはお応えできない」とし、名前や国なども一切公式には明かしませんでした

高谷SPは「個別の事例についてはお応えできない」とした上で「一般論として、選手村から観光目的で外出することはあってはならないと考えています」とのコメントも出した。

出典:日刊スポーツ(2021年7月31日)

選手村を無断外出した人物に関する組織委員会の発表内容
  • 大会関係者で、選手村にいた人
  • 剥奪された人は、もう東京2020関係の会場には立ち入ることができない
  • 個別の事例については答えられない
  • 一般論として、選手村から観光目的で外出することはあってはならない

選手村を観光目的で外出した選手は誰?

男子柔道ジョージア代表の選手2名

ジョージア柔道男子の夜遊び出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/dbc0e1c5b9a246206f025d43d44b335d53d4a37b

2021年7月30日の朝日新聞デジタルの記事によると、ジョージアの柔道男子の2選手が2021年7月27日の深夜に東京タワー近くでタクシーを降り、一緒にいた女性と写真を撮っていたことがスクープされています。

ジョージアの2選手は27日深夜に東京タワー近くでタクシーを降り、一緒にいた女性と写真を撮っていたとされる。

出典:朝日新聞デジタル(2021年7月30日)

ジョージア柔道男子の夜遊び出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/dbc0e1c5b9a246206f025d43d44b335d53d4a37b

そして2021年7月31日17:09に、ジョージアの柔道男子選手2人が東京五輪・パラリンピック組織委員会に大会参加資格証を剥奪されたと、ジョージアオリンピック委員会から明らかにされたことが共同通信から報道されました。

ジョージア・オリンピック委員会の広報担当者は31日、同国の柔道男子選手2人が東京五輪・パラリンピック組織委員会に大会参加資格証を剥奪されたと明らかにした。

出典:共同通信(2021年7月31日)

このため、選手村から無断外出した選手はジョージアの柔道男子2名であることは間違いないと思われます。

このように、すぐにわかるようなことを敢えて秘密にする日本のオリンピック・パラリンピック組織委員会…その秘密主義に国民の不信感はさらに高まりそうです。

【資格剥奪選手①】バザ・マルクベラシュビリ

バザ・マルクベラシュビリ出典:https://entame.site/olympic-go-out2/

バザ・マルクベラシュビリ選手は、柔道男子66キロ級で日本の阿部一二三選手に敗れ、銀メダルを獲得した選手

バザ・マルクベラシュビリ出典:https://sports.nhk.or.jp/olympic/athletes/margvelashvili-vazha-1285222/

柔道の試合は7月25日にすべて終了しています。

そのため、もうバブル方式のルールに従う理由もないということで、7月27日に選手村から東京タワーまで無断外出したのでしょう。

2021年7月29日の日刊ゲンダイの報道では、バザ・マルクベラシュビリ選手ラシャ・シャフダトゥアシビリ選手が2021年7月27日午後11時頃に、東京タワーのタクシー乗り場近くで目撃されていることを報じています。

27日午後11時ごろ、東京タワータクシー乗り場近くで目撃されたのは、男子柔道ジョージア代表のバザ・マルクベラシュビリ選手ラシャ・シャフダトゥアシビリ選手(写真)。連れの女性が自撮り棒にセットしたスマホを構え、銀メダリストの雄姿をカシャカシャ撮っていたという。66キロ級のマルクベラシュビリは25日の決勝で阿部一二三選手に、73キロ級のシャフダトゥアシビリは26日に大野将平選手に敗れた。

出典:日刊ゲンダイ(2021年7月29日)

【資格剥奪選手②】ラシャ・シャフダトゥアシビリ

ラシャ・シャフダトゥアシビリ出典:https://sports.nhk.or.jp/olympic/athletes/shavdatuashvili-lasha-1286459/

ラシャ・シャフダトゥアシビリ選手は、柔道男子73キロ級に出場した選手です。

7月26日男子73キロ級の決勝戦が行われ、日本の大野将平選手に敗れ銀メダル獲得となっています。

そのため、7月27日に選手村から東京タワーまで無断外出することも、十分考えられます。

選手村を観光目的で外出した人が出たことに対する責任者は?

東京五輪の選手村出典:https://www.yomiuri.co.jp/olympic/2020/20210723-OYT1T50141/

日本のオリンピック・パラリンピック組織委員会のスポークスパーソンである高谷正哲さんは、無断外出した選手がいたことについての責任の所在も明確にしませんでした。

管理責任については「各選手団の管理はCLO(各組織のコロナ対策責任者)にお願いしている。所属のアスリートを含む全ての関係者が、適切に登録された用務先だけ行っているかCLOが管理いただくのが本来の形」と答え「剥奪について、関係者だけでなくCLOにもペナルティーが課されるか問われると「そこまで掌握していない」と話すにとどめた。

出典:日刊スポーツ(2021年7月31日)

責任の所在をはっきりさせないと、責任のなすりつけ合いにあったり、担当者も当事者意識を持って仕事しないのではないでしょうか。

また、参加資格を剥奪されても、既に獲得したメダルは剥奪にならないとのこと。

これでは、試合が終わったら遊びに行きたい気持ちの抑制にはなりませんね。

試合前の選手が参加資格をはく奪されると、試合にも出られなくなりますが、2人は競技会場や選手村など組織委員会が管理する場所に立ち入れなくなったものの、メダルのはく奪にはならないということです。

出典:日テレニュース(2021年7月31日)

組織委員会のツメの甘さを感じる一件でした。

選手村を観光目的で外出した人が出たことに対する世間の反応は?

東京五輪出典:https://thedigestweb.com/topics_detail13/id=44122

剥奪された方は、もう東京2020関係の会場には立ち入ることができません

これってオリンピック関係の会場には入れないけれど
日本国内は自由に行動できる状態ってことですかね?
え?

出典:Yahoo!ニュース

 

剥奪された方が自由に観光できるからラッキーとか考えてるいる人いると思うよ。もっと厳格化しないと。

出典:Yahoo!ニュース

 

大会参加資格を剥奪したが、銀メダルはそのまま。彼らは試合は終わっているのだから、大会参加資格を剥奪されても「痛くも痒くもない」。中途半端な結論だな。これじゃ観光目的でドンドン選手村、ホテルを出ちゃうよ。

出典:Twitter