×
政治家

二階俊博幹事長が「辞めろ」と言われる理由まとめ!老害や献金など

自民党の最高権力者とも言われる、二階俊博幹事長

永田町では最高権力者で通ってはいるものの、世間やネットの声は「辞めろ」「老害は去れ」といった意見が絶えません

二階俊博幹事長は、なぜこれほど「辞めろ」という声が多いのでしょうか。

その理由を調査してまとめました。

二階俊博幹事長に「辞めろ」の声多数の理由は?

自粛期間中に何度も会食

新型コロナウイルスが猛威を振るうなか、政府は国民に自粛生活を呼びかけています。

そんななかで、二階俊博幹事長は何度か会食を開き大批判を浴びました

二階俊博幹事長の会食炎上
  1. 2020年12月下旬 菅義偉首相らとの大人数会食
  2. 2021年8月17日昼 自民・公明幹部5人で、緊急事態宣言中に日本料理店で会食

コロナ禍で国民が我慢して自粛をしているなか、高級料理店で料理や会食を楽しんでいたとなれば反感をかうのは当たり前。

しかも、「コロナ対策で必要な会食だった」と反論し反省の色がないことも国民感情を逆なでしました。

そして、大人数会食を何度も繰り返す…というのは「本当に反省していないんだな」と怒りを通り越して呆れられることにもなりました。

GoToトラベルを主導

二階俊博幹事長は全国旅行業協会(ANTA)の会長を長年務めており、旅行業界のドンとも呼ばれています。

2020年に政府が行ったGoToトラベルキャンペーンも二階俊博幹事長が実現のために奔走したとも言われ、そのために新型コロナ感染者が増えてもなかなかGoToトラベルキャンペーンを中止に出来なかったという意見もあります。

また、2020年7月30日号の週刊文春では、GoToトラベルキャンペーンを受託したツーリズム産業共同提案体という団体が二階俊博幹事長はじめ自民党の議員37名に対し少なくとも約4200万円の献金を行ったことを明らかにしました。

(2020年)7月22日にスタートする観光需要喚起策「Go Toトラベルキャンペーン」(以下、Go To)。この事業を1895億円で受託したのは「ツーリズム産業共同提案体」(以下、共同提案体)なる団体だ。この「共同提案体」に名を連ねる観光関連の14団体から、自民党幹事長の二階俊博氏をはじめ自民党の議員37名に対し、少なくとも約4200万円の献金が行われていることが「週刊文春」の取材で分かった。

引用:文春オンラインhttps://bunshun.jp/articles/-/42264

献金を受けて、GoToトラベルキャンペーン実行に奔走…

しかもコロナ感染が拡大していくなかでも、GoToトラベルキャンペーンを辞めない…

明らかに私利私欲、自分とその周りしか見えていない行動です。

これでは、国民から信頼してもらうのはムリでしょう。

親中派すぎ

引用:https://diamond.jp/articles/-/216746

二階俊博幹事長は親中派の最有力議員の一人

過去にはかなり中国に媚びへつらう言動もしています。

そのため、中国になめられるきっかけを作ってしまった、という批判も多くあります。

歳とりすぎ

二階幹事長引用:https://www.jimin.jp/news/press/141030.html

二階俊博幹事長は、1939年2月17日生まれ。

つまり、2021年8月現在82歳なのです…あまりにも高齢すぎますよね。

一般人は60歳で定年を迎え、その後働くとはいっても少しずつ労働量を減らしたり隠居していき、若い世代にポストを譲るのが一般的です。

しかし、二階俊博幹事長をはじめとした大物政治家は70代・80歳が多くいます。

世の中の流れにより迅速に対応するため、また自民党の新陳代謝を高めるためにも一定の年齢で退くべきという声が多数ネット上で意見されています。

二階俊博幹事長のプロフィール

二階幹事長引用:https://www.youtube.com/watch?v=gxc61dbGlUA

二階俊博幹事長のプロフィールをまとめました。

二階俊博のプロフィール

名前:二階俊博(にかい・としひろ)
生年月日:1939年2月17日(2021年8月現在82歳)
出生地:和歌山県御坊市
出身大学:中央大学法学部政治学科卒業