×
社会・政治

警視庁中村格の経歴・学歴は?飯塚幸三事件や山口敬之逮捕をもみ消し?

2021年9月13日、警察庁長官へ中村格次長が昇格内すると報道されました。

中村格さんとは、どのような経歴の持ち主なのでしょうか。

また、飯塚幸三さんの運転事故や山口敬之さんの逮捕をもみ消したとも言われますが、本当なのでしょうか。

警視庁の中村格さんについてまとめました。

警視庁・中村格の経歴・学歴は?

中村格のプロフィール

警視庁菅になる中村格引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/3c9afa4dc4a752bc7c4ae312d90739959a98029e

警視庁長官となる中村格さんはどのような人物なのでしょうか。

まずは経歴から確認しましょう。

中村格のプロフィール

名前:中村格(なかむら・いたる)
生年月日:1963年7月4日(2021年9月現在58歳)
出身:福岡市
高校:私立ラ・サール高校
大学:東京大学法学部

中村格さんは、2021年9月現在58歳。

ラ・サール高校出身で東大卒というと、まさに絵にかいたようなエリートですよね。

さらに順調に出世をし、以下のような役職に就いてきました。

中村格の経歴

1986年 東京大学法学部卒業後、警察庁に入庁
1989年 和歌山県警察捜査第二課長
1992年 千葉県警察捜査第二課長
1993年 警察庁刑事局捜査第二課課長補佐
1997年 在タイ日本国大使館一等書記官として3年間外務省に出向
2000年頃 警察庁に戻り、警察庁交通局運転免許課理事官、刑事局捜査第二課理事官
2003年9月~2005年8月 警視庁刑事部捜査第二課長
2010年 仙谷由人内閣官房長官の秘書官
2012年12月 菅義偉内閣官房長官の秘書官
2015年3月~2016年8月 警視庁刑事部長
2016年8月 組織犯罪対策部長兼生活安全局付兼刑事局付兼官房付
2017年8月 総括審議官兼警備局付
2018年9月 警察庁長官官房長
2020年1月 警察庁次長

中村格と菅義偉の関係は?

菅官房長官時代の秘書官

菅義偉引用:https://toyokeizai.net/articles/-/453289

中村格さんは、民主党政権時代の2009年に官房長官秘書官になりました。

民主党政権時代に首相と共にコロコロと代わる官房長官に仕えていましたが、2012年に自民党が政権を奪取した際に菅義偉さんと出会いました。

政権が交代すれば秘書官は交代するのが基本でしたが、中村格さんは菅義偉さんに「続けさせてほしい」と土下座せんばかりに訴えて、菅義偉さんもそこまで言うならと応じ菅義偉さんの官房長官時代に秘書官として働くことに。

そして一旦秘書として働くと、中村格さんは持ち前の情報収集力と分析力でたちまち菅義偉さんの信頼を勝ち取り、菅義偉さんはなかなか手放そうとしないほどだったそう。

さらに、周囲に「警察庁長官になる人物」と評するほどお気に入りだったようです。

中村氏は今や警察庁のナンバー2である次長に昇進、来年以降の長官就任に“王手”をかけた。その彼を、官房長官時代に秘書官として重用したのが菅総理なのだ。本誌既報の通り、菅総理は周囲に「警察庁長官になる人物」と評するほどお気に入りだった。

引用:デイリー新潮

中村格が菅義偉に気に入られた理由
  • 政権に打撃を与える議員の事件への介入
  • テレビの報道番組にも目を光らせ、政権批判発言があれば局の上層部に連絡して抗議
  • 安倍首相の街頭演説中に「安倍やめろ!」とヤジを飛ばした市民が警察に取り押さえられ強制排除 など

中村格さんは警察の力で、安倍晋三さんや菅義偉さんのために暗躍してきたと言われています。

中村格の事件もみ消し疑惑とは?

山口敬之の逮捕中止

山口敬之引用:https://www.huffingtonpost.jp/entry/noriyuki-yamaguchi-pressconference_jp_5dfb0fb9e4b0eb2264d41e9d

2015年4月、ジャーナリスト伊藤詩織さんへの準強姦容疑で逮捕状が出ていた山口敬之さんの逮捕令状も、中村格さんがもみ消したと週刊新潮などから報じられています。

2015年4月、詩織さんへの準強姦容疑で逮捕状が出ていた山口敬之元TBSワシントン支局長(54)。時の政権と太いパイプを持ち、“総理ベッタリ記者”との異名を持つからか、令状は、官邸に近い当時の中村格(いたる)警視庁刑事部長によって握りつぶされた。

引用:デイリー新潮

山口敬之さんといえば、TBSで官邸キャップやワシントン支局長などを歴任したエース記者。

安倍晋三元首相についての書籍も出版していることから、官邸に近いジャーナリストとされています。

山口敬之の経歴
  • TBSで官邸キャップやワシントン支局長などを歴任したエース記者
  • 2016年5月末にTBSを退社し、フリージャーナリストに転身
  • 安倍晋三首相について記した著書『総理』を出版するなど、官邸に近いジャーナリストとして知られる

官邸に近いジャーナリスト・山口敬之さんの逮捕状を、官邸に近い警視庁刑事部長・中村格さんが取り消したということで、政権への忖度や癒着が疑われました。

飯塚幸三事件

飯塚幸三被告引用:https://search.yahoo.co.jp/image/search?ei=UTF-8&fr=mcafeess1&p=%E9%A3%AF%E5%A1%9A#af47c124510886d9363daf52307387fb

高齢の飯塚幸三さんが運転を誤り、車で人を殺傷した事件。

この事故現場にも中村格さんが訪れ、飯塚幸三さんの逮捕をもみ消そうとしたのではという疑惑が上がっています。

飯塚被告の事故現場にいる中村格引用:Twitter

飯塚幸三さんの運転事故も、確かに多くの人を殺傷して凄惨な事故ではありましたが、当時警察庁トップの中村格さんが事故現場に直接訪れるというのは異例。

そのため、上級国民を庇いにきたのではという推測がネット上で多くありました。

安倍元首相秘書の息子のケンカに捜査一課を投入

中村格さんは、安倍元首相の秘書の息子が友人とゲームセンターでケンカとなり被害者になった際は、捜査一課を投入したことでも知られます。

被害者が警察のおかげで加害者から守られたりするのは当然かと思いますが、子供のケンカにエース級の捜査員を投入するというのは異例

そのため、安倍元首相に対する忖度ではないかという疑惑が持ち上がっています。