×
タレント

GACKTの病名は?神経系疾患での体調不良とはどんな病気・症状?

歌手・タレントとして人気のGACKTさんが、2021年9月8日に無期限の芸能活動休止を発表しました。

その原因は病気

GACKTさんは幼少期から患っている神経系疾患が悪化したため、仕事ができる状況になくなってしまったとのことです。

GACKTさんは芸能活動を休止して治療に専念し、その後芸能活動を復帰させる予定とのことですが、その神経系疾患とは一体どんな病気なのでしょうか。

詳しく調査しました。

GACKTの神経系疾患の病名は?

幼少期から病弱だったGACKT

沖縄県出身のGACKTさん。

小さいころから病弱なところがあり、子供時代は病院に入院している期間も長かったというエピソードもあります。

2021年9月8日にGACKTさんが出したコメントでも「何年かに一度、起きてるやつ。まあ、慣れてるっちゃ慣れてる。ここ最近は起きてなかったから、調子良くなったのかなって思ってたんだけど」と言っていることから、何年かに1度は発作的にこのような体調不良があるということですね。

大人になってからは病気克服の意味でも身体を鍛え、治療と療養のために海外移住までしたGACKTさん。

普段から身体への配慮や研鑽を怠らないGACKTさんだけに、また体調不良になってしまったことはご本人もショックだったのではないでしょうか。

ケトーシス?

GACKT引用:https://open.spotify.com/artist/0MebO9MFNvedjUBsPGo0YN

GACKTさんはかなり厳しい食事制限や糖質制限を自らに課していたことでも有名。

そのため今回の「体調不良」「10キロ痩せた」といった情報から、ケトーシスを疑う声もネット上で散見されました。

ケトーシスとは
  • ケトーシス(けとーしす/高ケトン血症)とは、ケトン体が血中に増加した状態
  • ケトーシスは、糖尿病、絶食や飢餓状態、極端なダイエットをした場合などに起こる
  • ケトーシスになると、吐き気や嘔吐、腹痛など消化器症状が現れる
  • 悪化すると、意識障害や昏睡といった危険な状態に至ることがある

適度なタンパク質・低糖質・高脂質の食事を継続することで、あえて体内を低糖質状態にして脂肪が燃えやすくなる「ケトーシス状態」を保つことが糖質制限ダイエットのポイントではありますが、やりすぎると命が脅かされる事態にも発展します。

そのためGACKTさんが一時命が危ないと報道で出た際は、日頃のストイックな糖質制限によるケトーシスを心配する声もネットで多数投稿されましたが、今回の報道では「幼少からの神経系疾患」とあるため、ケトーシスではないと思われます。

神経系疾患の種類

今回GACKTさんが芸能活動休止をするにあたって、マスコミから発表されたのは「幼少からの神経系疾患のため」ということ。

一般的に神経系疾患とは、以下のような病気があります。

神経系疾患の例
  • てんかん
  • 頭痛
  • 脳卒中
  • アルツハイマー病
  • レビー小体型認知症
  • 血管性認知症
  • パーキンソン病
  • パーキンソン症候群 など

GACKTさんは『芸能人格付けチェック』でもかなり膨大な知識があるため、アルツハイマーや認知症の可能性はなさそうですよね。

また、歌手としてのパフォーマンスも一流。そのため、身体が思うように動かなくなるパーキンソン病の可能性もないと思われます。

そのため、もしかしたら幼少期からてんかんを患っていたのではという声もあります。

てんかんの病状
  • てんかんとは、脳が一時的に過剰に興奮することで、意識消失やけいれんなどの“てんかん発作”を繰り返し引き起こす病気
  • 乳幼児や小児は原因が分からないタイプが多い
  • てんかんには症状の現れ方や原因によってさまざまなタイプがあり、多くは適切な治療を行うことで発作を抑制し、問題なく社会生活を送ることができる

2021年9月8日現在、GACKTさんから病名の正式な発表はありません。

しかし、幼少からの病気であること、発作のように何度も繰り返すことは、てんかんの症状と同じです。

GACKTの体調不良の経緯は?

キプロスから帰国後に体調不良

GACKT引用:https://news.livedoor.com/article/image_detail/20206080/?img_id=29246539

GACKTさんは2021年8月上旬に仕事のため地中海のキプロス島に滞在。

2021年8月6日に日本に帰国したのですが、その後「体調が悪い」と訴え、しばらくして容体が急変したと言います。

2021年9月8日のスポーツ報知の報道によると、GACKTさんは幼少期からの神経系疾患がきっかけで一時は命に関わる状態に陥り、体重も10キロ減少したようです。

幼少からの神経系疾患がきっかけとなり、一時は命にも関わる状態に陥りました。体調が悪化した状況が数週間続きましたが、体重は10キロほど落ちたものの現在の容体は安定しております

引用:スポーツ報知https://news.yahoo.co.jp/articles/58cc6560da7591e38b7d371313b375768e3632d1

2021年8月6日以降に体調不良となり、9月8日に芸能活動休止が発表されるまでは約1か月。

この1か月の間に、容体急変→危篤→10キロ痩せる→容体安定という体験をしたGACKTさん…闘病はさぞ大変なものだったのでしょう。

2017年4月のインタビューでは「きょうの朝に測った体重が68・9キロで体脂肪率は7%」と語ったGACKTさん。

4年前と体重があまり変化していなかったとしたら、今回の体調不良でGACKTさんの体重は59キロほどになってしまったのではと思います。

重度の発声障害

一時は命に係わる状態だったというGACKTさんですが、数週間の闘病の末に容体は安定したものの、重度の発声障害を併発してしまいました。

GACKTさんの仕事は歌手であり、テレビやラジオでのトークも多くあります。

そのような声を発する仕事の続行は不可能と医師が判断したため、今回の無期限での芸能活度休止という判断となったようです。

GACKTの現在の病状は?

容体は安定

GACKT引用:公式Twitter

2021年9月8日の芸能活動休止発表の時点で、GACKTさんの容体は安定しているといいます。

とはいえ、重度の発声障害があるということで、まだまだ完全回復とはいえませんね。

ただ一命を取りとめて病状が安定しているというのは本当に良かったです。

2021年9月8日にGACKTさんが公式ファンクラブに寄せたメッセージでは、原因がわからないけど声が上手に出ないこと、突発性の発声障害のような状態になっていることが書かれています。

原因はわからないけど上手に声が出せません。10年前からは持病を治すため海外に環境を整え、療養などを行いながらここまで来たんだけど、今回のことが原因なのか、過去の積み重ねてきたものが原因なのか、神経系疾患が関係しているのか、突発性の発声障害のような状態になってます。簡単に言うと、声がうまく出せず話すことが困難な状況

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/4692d98d0a923a322d8e9ff1e31a9c24c55bbada

面白いトークにもファンが多いGACKTさん。

ゆっくり静養して、以前のようなトークや歌唱が出来るくらいに回復するといいですね。

海外で治療に専念

現在はマルタ共和国に移住しているGACKTさん。

「今後は主治医がいる海外に戻り、神経系疾患の持病と発声障害に関する精密検査をした後、活動再開に向けて治療に専念する」と発表しているので、おそらくマルタ共和国の自宅に戻ってから治療に専念されるのではと思います。

「活動再開に向けて」と明言しているので、芸能活動を諦めるのではなく、あくまで体調を回復させて復活したいというGACKTさんの気持ちがわかります。

安心できる環境で、ゆっくり療養と治療をしてほしいですね。

GACKTはコロナに感染した?

コロナ重症説

実は2021年8月頃から、一部ネットでGACKTさんが新型コロナウイルスに感染したのでは?という憶測が飛んでいました。

というのも、GACKTさんは毎週ニコニコ生放送『GACKTと一緒に家呑み!!』を配信しているのですが、その生放送が8月になってから3週間連続で体調不良を原因に中止となっていたためです。

GACKTさんは、「コロナは風邪」といった発言で度々炎上してきました。

コロナを巡るGACKTの発言
  • 「もう風邪ですよ、これ」
  • 「ちょっとコロナよくないすか? もうあんまり神経質になることやめないですか?」
  • 「死者の数で考えたら、インフルエンザのほうが圧倒的に危険なんですよ」
  • 「もう有名人の誰が感染したとかやめませんか? いまさら。別に誰が感染しようが、ニュースにする必要あります? クソですよ、これ」

そのため、一部ネットユーザーの間では「新型コロナにかかって重症化したけど、今までの発言からコロナ感染を言い出せないでいるのでは」という憶測を呼びました。

しかし今回、神経系疾患による体調不良が公式に明らかになったことで、GACKTさんのコロナ重症説はデマということがわかりました

GACKTが病名を明言しないのはなぜ?

イメージを保ちたいから

お酒

GACKTさんは今では出身地や年齢などがはっきりしているものの、数年前までは年齢不詳のミステリアスなミュージシャンとして知られていました。

そのため、持病などを明らかにしてしまうと、元々のイメージが崩れてしまいます。

また、GACKTさんといえば筋トレや鍛え抜かれた肉体のイメージもあり、病気や弱いといったイメージがありませんよね。

そのため、今までのイメージ保持のためにあえて病名を公表していないとも考えられます。

今までも公開していないから

GACKTさんは今までにも病気や手術をしたことをネット上ではっきりと言わないことが多くありました。

そのため、プライベートをあまり公開したくないなどのポリシーがあるのかもしれません。

今回も過去同様、病気や健康のことは明言したくないのではとも考えられます。