俳優・女優

深田恭子の適応障害の理由は?痩せてやつれたと以前から話題に

女優の深田恭子さんが、適応障害のためしばらく芸能活動を休止することが2021年5月26日に所属事務所から発表されました。

女優・深田恭子が芸能活動を休止することが26日、分かった。所属事務所のホリプロがファクスで発表した。

出典:スポーツ報知(2021年5月26日)

しかし以前から、深田恭子さんは痩せてやつれたとファンの間で心配されていました。

適応障害と医師に診断された現在となっては、深田恭子さんが痩せてやつれた理由は適応障害だったと考えられますが、なぜ適応障害になってしまったのでしょうか。

その理由を調査しました。

深田恭子が適応障害になった理由① ダイエット?

ルパンの娘の深田恭子出典:https://encount.press/archives/114888/

深田恭子さんと言えば、2019年7月期と20年10月期に放送したフジテレビの主演ドラマ『ルパンの娘』のヒットが記憶に新しいですよね。

『ルパンの娘』ではボディラインが出るような衣装も多く、深田恭子さんもダイエットを頑張ったのではと思われます。

というのも、元々スタイル抜群のイメージの深田恭子さんですが、実は太りやすい体質らしく、体重の増減を繰り返し、過去には体重70キロと言われたこともあるほど。

2015年の深田恭子出典:Twitter

そのため、役作りのダイエットで負荷がかかり、ストレスを抱えてしまった可能性もあります。

深田恭子が適応障害になった理由② 周囲のプレッシャー?

深田恭子出典:https://www.4gamer.net/games/396/G039619/20210426038/

20年以上に渡って芸能界の第一線で活躍する深田恭子さんは、ここ数年でもCM出演が多い女優さんの1人。

特にUQモバイルやゲーム「放置少女」のCMでは、周囲に深田恭子さんよりも若い女優・タレントが起用されています。

深田恭子さんは若い女優・タレントに負けないくらい美しさと魅力がある方ですが、やはり若い子が周りにいると、女優として「よりキレイにいなければいけない」といったプレッシャーがあったとも考えられます。

深田恭子さんは「年齢を重ねるたびに美しさが磨かれる」と評判ではありますが、周囲から「キレイ」と言われると逆に美しさを失う怖さを感じるのかもしれません。

深田恭子が適応障害になった理由③ 仕事のストレス?

深田恭子出典:https://realsound.jp/movie/2019/08/post-396600.html

深田恭子さんは、2021年5月現在38歳ですが、抜群のスタイル・プロポーションが定期的に話題になりますよね。

その見事なスタイルを披露するのに水着や露出の多い服を着ることも多い深田恭子さん。

露出の多い服に抵抗があるなど、仕事面での葛藤があったのかもしれません。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 深田恭子 (@kyokofukada_official)

そもそも適応障害とは?

うつ病とは別モノ

うつ病

適応障害とは、何らかのストレス要因をきっかけに心理的に不安定な状態になったり、倦怠感や頭痛、腰痛など身体的不調に悩まされたりする病気です。

原因は人間関係や災害、病気など多岐に渡り、自身がストレスと感じるものであればあらゆるものが適応障害の原因となりえます。

適応障害とは、何らかのストレスの要因となる出来事から1カ月以内に発症。通常は6カ月を超えない間に症状が改善するとされる。

ストレス因となる出来事は人間関係、離婚、死別、金銭問題、身体の病気、事故などの個人的なほか、災害や大事件、大事故などの社会的なこともある。自身がストレスだと思うことがあれば、それが全て要因になるという。

出典:スポニチ(2021年5月16日)

しかし、適応障害はうつ病とは別モノ

なんとなく気分が晴れなかったり体調不良になったりするうつ病に対し、適応障害はストレス原因となるものがはっきりしているケースが多いです。

そのため、深田恭子さんはうつ病ではなく、何らかの特定のストレスに対して体と心がついて行かなくなった状態と考えられます。

治療に必要なのは休養

深田恭子さんが患ってしまった適応障害ですが、治療には休養することが大切と言われています。

適応障害の治療方法
  1. ストレス要因から離れて休息を取る
  2. ストレス因となっている出来事を改善できるように環境を調整する
  3. 認知行動療法などカウンセリングを取り入れて、ストレス対処法を学んだりしながら適応力を高める
  4. 必要ならば睡眠薬などの薬物療法も取り入れる

そのため、深田恭子さんの所属するホリプロも、主演ドラマのクランクイン直前という土壇場で降板を決めるほどに、深田恭子さんの体調を気遣ったのでしょう。

ドラマ制作陣なども大変かとは思いますが、深田恭子さんにはゆっくり休養してもらいたいですね。