ENHYPENの読み方は?読み方が複数ある理由や意味を紹介

BTSの弟分として注目が集まっているENHYPEN

Twitterのトレンドにも何度も上がるほど話題になっているENHYPENですが、読み方がわからないという方も多いと思います。

実際、メディアによって若干発音が異なっており、紛らわしいですよね。笑

そこで、ENHYPENの読み方や意味をまとめてみました。

ENHYPENの読み方は?読み方が複数ある理由や意味を紹介

「ENHYPEN」の読み方は?

読み方の違いは言語の違い

「ENHYPEN」は「エンハイフン」「エンハイプン」「エナイプン」など、色々な呼ばれ方をしていますよね。

一般人だけでなくメディア自体が色々な呼び方をしているため、とても紛らわしい状況となってしまっています。

しかし、「エンハイフン」「エンハイプン」「エナイプン」などのこれらの呼び方は全て正しいです。

というのも、これらの呼び方は言語の発音の違いによるものだからです。

以下でそれぞれの呼び方の詳細をまとめていきますね!

韓国語読みなら「エンハイプン」

エンハイプン

「ENHYPEN」をハングルで書くと「엔하이픈(エンハイプン)」です。

2020年9月18日に放送された『I-LAND』のなかでグループ名が発表されましたが、その発表時もしっかりと「エンハイプン」と呼ばれています。(以下動画の開始21秒あたり)

そのため、日本語で言う時は「エンハイフン」の方が自然に聞こえそうですが、めざましテレビや『スッキリ!』では「エンハイプン」と紹介されています。

おそらく韓国語の音に従って「エンハイプン」と言っていると思われます。

「韓流」を日本語読みの「カンリュウ」ではなく、韓国語読みの「ハンリュウ」と呼ぶのと同じ原理ですね。

英語読みなら「エナイフン」「エナイプン」

エナイプン

「ENHYPEN」を英語のようにリエゾンした音が「エナイフン」と思われます。

英語やフランス語では、2つの音が連結するリエゾンがよく起こりますよね。

[box04 title=”英語のリエゾンの例”]
  • pick up(ピックアップ)→「ピカップ」
  • need you(ニードユー)→「ニィデュー」
[/box04]

このように、「ENHYPEN」でリエゾンを利かせると「enhaihun」の「n」と「h」の音が連結して「エナイフン」という音になります。

さらに「エナイフン」を韓国語発音にすると「エナイプン」となります。

日本語読みなら「エンハイフン」

ENHYPENは日本語読みでは「エンハイフン」と読みます。

「ENHYPEN」の「HYPEN」は英語の「hyphen(ハイフン「-」)」からきているため、日本人にとって「ハイプン」という音にしてしまうと違和感があるため、「エンハイフン」なのです。

そのため、意味を重視して言う時には日本語読みの「エンハイフン」の方がしっくりくるかもしれませんね。

ただ、ENHYPENの日本人メンバーであるNI-KI(ニキ)さん自身は、「エナイプン」と呼んでいます。

「エナイプン」は韓国語読みと英語読みが混ざった言い方なので、グローバルな印象。

今後は「エナイプン」表記が増えていくかもしれませんね。

「ENHYPEN」の意味は?

繋がり・発展・成長

enhypen

出典:ENHYPEN公式サイト

ENHYPEN」という言葉は、「EN(~になる)」+「HYPEN(繋げる)」の造語

ENHYPENのメンバーたちがお互いに繋がって成長すると同時に、音楽を通じて人どうしや世界を1つに繋げていきたいという意味が込められているそうです。

グループ名「ENHYPEN」には、記号の「ハイフン」が意味するように異なる7人の少年たちが「接続して」お互いを発見し、一緒に成長するという意味が込められている。また、音楽を介して人と人、世界と世界を一つにするという抱負も含んでいる。

出典:ワウコリア

ENHYPENの読み方は?読み方が複数ある理由や意味を紹介